医療レーザー脱毛はどのくらい痛いのか

医療レーザー脱毛はどのくらい痛いのか

医療レーザー脱毛は効果が高いことはわかっているけど、痛いのは嫌。という方は大勢います。特に痛みに敏感な方なら痛みに耐えられるだろうか?施術を最後まで受けられるだろうか?心配になりますね。では実際のところ医療レーザー脱毛痛みはどのくらいなのでしょうか?見ていきたいと思います。

なぜ医療レーザー脱毛は痛いのか?

なぜ医療レーザー脱毛は痛いといわれているのでしょうか?医療レーザー脱毛はレーザーを使います。高い出力のレーザーを肌に当てるのですが、この時黒い色素(毛)に反応し毛根を焼きます。ですから毛があればあるほど反応して毛根を焼くのです。つまり毛が太い部分や毛が密集して生えている部分は痛みを感じます。毛が少ない部分や薄い部分は痛みがないのはこのためです。毛の太さはもちろんですが、皮膚の薄さも影響します。ですから敏感なVIOラインやうなじ、ワキなどは毛が太くて濃いうえに敏感な部分ですので痛みを感じやすいと言えます。また痛みを感じるのは心理的なものもあります。医療レーザー脱毛に対して不安があれば、それだけで痛みを倍増させてしまいます。

痛みの種類と痛み対策

どのような痛みなのでしょうか?よく言われるのは輪ゴムではじかれたような痛みと言われています。しかし個人差があるので一概には言えません。泣くほど痛かったという人や脂汗が出るほど痛かった。という方もいます。中にはそこまで痛くない。慣れれば平気。という方もいますので、痛みの感じ方は色々ですね。肌が乾燥していると痛みを感じやすいようです。日ごろからしっかり保湿を行いましょう。日焼けすると肌は敏感になり痛みを感じやすくなります。施術中は日焼けしないようにしましょう。どうしても痛い場合はレーザーの出力を下げてもらえるでしょう。また痛みの強い部分には麻酔クリームや笑気麻酔をしようできるかもしれません。カウンセリングの時によく話し合って、痛みが怖いことなど伝えるようにしましょう。精神的な不安を取り除くことも大切です。

まとめ

人気の高いクリニックの一つアリシアクリニックでは痛みの少ないマシンを使用しています。リゼクリニックでも痛みの少ない機械が選べるようになっています。痛みの少なく成るような照射方法をしてくれたりしますので、痛いのが嫌だからといって医療レーザー脱毛を諦めないでください。どうしてもだめだという方あh痛みの少ない脱毛サロンも選択肢にできるでしょう。