脱毛時は禁煙・禁酒を徹底しよう

脱毛時の禁煙・禁酒を徹底しよう

脱毛期間中はお酒やたばこは控えるように言われています。脱毛と飲酒や喫煙がどのように関係するのでしょうか?しかしダメとはわかっていても嗜好品をやめるのは難しいので、ついつい飲酒や喫煙してしまう人もいるかもしれませんね。では喫煙や飲酒がどんな影響を及ぼすのか見てみましょう。

飲酒の影響

脱毛前に飲酒するとどんな影響があるのでしょうか?まずお酒に酔った状態で施術を受ければ具合が悪くなります。また策臭い状態での施術は明らかにマナー違反でしょう。さすがに酔っぱらった状態で脱毛サロンに行く人はいないと思いますが、体内にアルコールが入った状態ですと、血行が良くなるので火照りやすくなります。火照った肌に脱毛マシーンの光を与えると、ふだんはなんともなかったとしても、熱を感じやすくなります。それで痛みやかゆみを感じることがあるでしょう。結果肌ダメージへとつながります。脱毛後の飲酒はどんな影響があるでしょうか?脱毛後でもアルコールの摂取によって血行が良くなりかゆみや痛みを感じやすくなります。また大事な点として脱毛効果が落ちる可能性があります。というのもアルコールの摂取で体温が上がることで肌が乾燥してしまいます。肌の乾燥は脱毛効果の低下につながります。これらの理由から、脱毛施術中の飲酒は避けるように言われているのです。

喫煙の影響

脱毛中の喫煙はどのような影響があるのでしょうか?まず喫煙によってビタミンCが不足して肌環境が悪くなります。ビタミンCは美肌に欠かせない栄養素であることはほとんどの方が知っていることでしょう。喫煙はビタミンCの吸収を阻害してしまうのです。また喫煙によって食欲が低下しますので、栄養不足となって肌環境はますます悪化します。また喫煙はホルンポンバランスが崩れる原因の一つです。肌環境の悪化や、ホルモンバランスの崩れは脱毛効果を悪化させます。

どのくらいの期間我慢すればいいの?

飲酒や喫煙が脱毛効果に影響を与えることはわかりましたが、どのくらいの期間控えたらよいのでしょうか?喫煙に関しては脱毛期間中は禁煙する方が無難でしょう。飲酒に関しては人気の高い脱毛サロンでは施術前日や当日の飲酒を控えるよう言っています。しかしもしもほてりや痛みが数日続いているような場合は、ほてりや痛みが落ち着くまで飲酒は我慢した方がよいでしょう。

まとめ

一見脱毛と何の関係もなさそうなアルコール摂取とたばこですが、脱毛効果に大きな影響を与える可能性があるのですね。せっかく高いお金を払って脱毛を受けるのですから、効果を求めたいですよね。脱毛期間中はこれらの習慣は控え、脱毛効果を高めましょう!