肌トラブルが起きてしまった時のために

肌トラブルが起きてしまった時のために

脱毛サロンで肌トラブルが発生した時はどうしたらよいでしょうか?最近は脱毛マシーンの向上によって肌トラブルも減ってはきていますが、万が一肌トラブルが起きた時どのように対処したらよいか、あらかじめ知っていると慌てずに済みますね。では対処法について見てみましょう。

肌トラブルが起こる原因

多くの脱毛サロンで行っている脱毛方法は「フラッシュ脱毛」と呼ばれるムダ毛の黒い色素に反応する光を当てて、毛根にダメージを与えることで脱毛するという方法です。この時の光の熱が肌にあたることで、負担をかけてしまうのです。脱毛クリニックの医療レーザー脱毛に比べたら光の出力は弱いので、安全性は高いといわれています。しかし人によっては肌へのダメージが強く、やけどを起こすことや、発疹ができることなどがあります。

肌トラブルの種類

起こりやすいトラブルは肌の赤みや腫れです。脱毛の熱が刺激となって炎症を起こします。もっとひどくなるとやけどや水ぶくれを起こす人もいます。敏感肌の方や乾燥肌の方はやけどを起こすことがあります。またデリケートなVIOラインや二の腕などもやけどを起こしやすい場所であります。また毛嚢炎というニキビができることもあります。脱毛によって傷ついた肌に細菌が侵入することで炎症を起こしてしまいます。

肌トラブルの対処方法

まずは冷やすことです。トラブルの多くは炎症によるものですので、冷やすことでトラブルが落ち着くことがあります。もしも症状が落ち着かない場合はすぐに脱毛サロンのスタッフにも肌トラブルの状態を伝えましょう。脱毛クリニックでは医師の管理のもとで脱毛が行われるため、万が一のトラブル時にもすぐに見てもらえますが、脱毛サロンには医師がいないので、すぐの対応は難しいのが事実です。しかし最近の人気の高い脱毛サロンでは近くの病院と提携しているところもあります。場合によってはすぐに提携先の病院で診てもらうことができるでしょう。そして今後の対策として脱毛マシーンの出力を調整してもらったり、施術後の正しいケア方法を教えてもらうようにしましょう。

まとめ

脱毛後の肌トラブルは絶対ないとは言い切れないものです。ですから事前に肌トラブルが発生した時どのように対応してもらえるか確認しておくとよいでしょう。提携医療機関があるかどうか?医療費の負担はどうなっているかなど、しっかり確認しておくと万が一の時にも安心できますね。またふだんから保湿ケアすることでトラブルのリスクを軽減できますよ。