美容脱毛と医療脱毛の違い

美容脱毛と医療脱毛の違い

脱毛を考えている方はインターネットやお友達からいろいろな情報を集めて、どこの脱毛サロンを利用しようかと考えていることでしょう。しかし調べてみると「美容脱毛」と「医療脱毛」という2種類の脱毛があることに気付くことでしょう。この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?見てみましょう。

美容脱毛とは

美容脱毛とはエステサロンでエステティシャンが施術する脱毛のことを言います。一般的な脱毛サロンでは「フラッシュ脱毛」と呼ばれています。レーザー脱毛に比べると照射威力の弱い光を毛根に当てて、毛根にダメージを与えることで毛が生えるのを遅らせます。美容サロンですから当然医療行為はできないので、照射パワーが弱くなるのは当然です。ですから医療脱毛に比べると効果を感じるのに時間がかかりますし、回数も必要になってきます。また毛根組織を壊していないので、時間がたつと再び体毛が生えてくるということもあります。

医療脱毛とは

医療脱毛とは医療機関で行う脱毛で一般的に「レーザー脱毛」と呼ばれています。体毛は毛根の毛乳頭と毛母組織という部分で作られています。この組織にレーザーを当てて壊すことで脱毛を行います。医療用レーザーは威力が強いため毛根の組織を確実に壊すことができます。しかし体内の組織を壊すことは医療行為であるため、医師免許のある医療機関でしかレーザー脱毛はできません。

美容脱毛と医療脱毛の違い

それぞれの特徴をあげましたが、大きくどんな違いがあるでしょうか?医療脱毛は照射パワーがあるため短期間で、施術回数が少なくても効果が実感できます。また医師の診察があるので肌の状態を確認してもらうことができますし、万が一の場合も薬を処方してもらうことができます。アトピー等の肌トラブルを抱えている方も安心です。美容脱毛は照射パワーが弱いので、効果を感じるまでには何度も通わなければなりません。また医師がいないので万が一の場合の対応ができません。しかし美容脱毛はなんといっても価格が安いので初めての脱毛体験としてはとてもハードルが低いでしょう。

まとめ

短期間で効果が得たいならば医療脱毛が人気です。しかしとにかく安く、また脱毛初心者には美容脱毛から始めてみるのもいいでしょう。しかし美容脱毛は長期間通わなければ効果が得にくいので、結局費用が高くなることもしばしばです。ですから脱毛し放題を実施している脱毛サロンは評価も高く、脱毛サロン人気ランキングの上位を占めています。