美容脱毛に副作用はあるのか

美容脱毛に副作用はあるのか

美容脱毛をすると副作用が心配だという方がいます。よく言われているのが、やけどやニキビが増えるといった肌トラブルの心配がある。などという理由で脱毛を躊躇している方がいるのは事実です。では実際に脱毛サロンでの美容脱毛でこれらの副作用があるのかどうか見てみましょう。

やけどや赤み、ヒリヒリ感を感じる

脱毛時に当てる光の出力を間違えるとやけどを起こすことがあります。例えば日焼けした肌に照射を行うと毛根だけでなく、黒い肌にも反応してしまいやけどを起こす可能性があります。ですから出力を弱めるのですが、出力を弱めすぎると効果が得られません。ですからその見極めが重要になるわけです。万が一やけどを起こした場合はすばやく冷却し、提携先の医療機関等で診てもらうという流れになります。しかし最近はマシンの向上でやけどはめったに見られません。似たような理由で、施術後肌が赤くなったりヒリヒリすることがあります。軽いやけど状態と言えるでしょう。しかし肌を避けて毛根への照射はできないので、このリスクは避けて通れません。そこでサロンでは冷却ジェル等を使って、このリスクを軽減させています。脱毛個所によっては数日赤みが続くこともあるかもしれませんが、保湿することで数日中には落ち着きます。

ニキビ(毛嚢炎)を起こす

光脱毛を行うと、どうしても肌のバリア機能が低下していしまいます。バリア機能の傷ついた肌に細菌が入り込むことで毛嚢炎、つまりニキビのような発疹ができることがあります。これ比較的起こりやすい副作用の一つでしょう。特によく見られる箇所はデリケートゾーンやワキ、ヒゲ脱毛などです。なぜなら毛が太くてかたいため毛穴の奥まで傷つくことがあるからです。また皮脂が多い部分は細菌が繁殖しやすいので毛嚢炎を起こしやすくなります。施術後は肌を清潔に保ち、余計な刺激を与えないようにしましょう。

硬毛化・増毛化を起こす

原因はわかっていないのですが、脱毛をしている部分の毛が太く硬くなることがあります。照射を続けることで徐々に薄くすることができます。また一度照射を休めることで改善することも在ります。

まとめ

脱毛サロンでの脱毛にはたしかに副作用がありますが、注意することで防げるものや対処できるものばかりです。評価の高い脱毛サロンは提携医療機関があって、万が一のトラブル時には医療機関で診てもらうことができます。サロン選びの際は万が一に備えて提携医療機関があるかどうかもチェックポイントにできるでしょう。