医療レーザー脱毛に副作用はあるのか

医療レーザー脱毛に副作用はあるのか

医療レーザー脱毛は効果が高いことはわかっているのだけれども、副作用が心配だと思っている方は大勢います。レーザー脱毛は強力だから皮膚がんやニキビ、やけどの危険があるなどといううわさhが絶えないので、不安になるのも仕方ありせん。では実際のところはどうなのでしょうか?

医療レーザー脱毛の副作用の噂

医療レーザー脱毛をすると汗の量が増えるというのは本当でしょうか?実際に増えることはありません。今までムダ毛があったことでムダ毛がスポンジのように汗を吸い取っていたのが、毛がなくなることで汗が増えたように感じるだけです。医療レーザー脱毛をすると皮膚がんになるというのは本当でしょうか?医療レーザー脱毛は赤外線です。赤外線はリモコンや電気ストーブ、こたつなどにも用いられているものです。冬の時期こたつを使用したからといって皮膚がんになることはありません。皮膚がんの原因は赤外線ではなく紫外線だからです。しかも医療レーザー脱毛で使用するレーザーは、皮膚表面から3,4ミリほどの深さまでしか届きません。ですから内臓や血管に影響は全くありません。レーザー脱毛で皮膚ガンになるというのは噂にすぎません。

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

しかしレーザー脱毛は毛根部周辺にダメージを与えるので肌に負担がかかるのは事実です。照射後は軽いやけど状態となって赤みが出たりひりひりすることがあります。そして色素沈着することもあります。毛の濃い部分に影響が出やすいです。またごくまれに毛が増えたり硬くなる増毛化・硬毛化することがあります。原因がわかっていないのですが、二の腕や背中などに見られます。またニキビや毛嚢炎のリスクもあります。レーザー脱毛によって肌がダメージを受けバリア機能が低下し、そこに細菌が入って毛嚢炎を引き起こします。これも毛の太いVラインやワキに見られます。これらの副作用は施術後クリニックから受ける薬の処方や指示に従うことで防ぐことができるものがほとんどです。医療レーザー脱毛を受けた後はクールダウンし、余計な刺激を与えないようにしましょう。清潔と保湿を心がけててください

まとめ

医療レーザー脱毛は効果が高い分副作用が不安視されていますが、指示に従うことで軽減できます。医療機関での施術ですので万が一の場合も脱毛サロンよりもケアしてもらえる安心感があります。人気の高いアリシアクリニックはお薬代が無料という点が高評価につながってもいます。まずは無料カウンセリングで不安を解決してはいかがですか?